corefit

コアフィットはコアヌードルを用いた簡単ストレッチとコアエクササイズです。

腰痛、肩こりから、ぽっこりおなか、骨盤のゆがみ、姿勢のゆがみまで・・・コアフィットはカラダの基盤づくりに最適です。

毎日の生活にコアフィットを追加しませんか?ゆがんでしまったカラダをキュッ!と元に戻しましょう。効果的に・安全にできるよう開発されているから、誰にでも簡単に!

元気学校のカラダ基盤計画は、この「コアフィット」をみなさんにオススメします!

<< 稲葉晃子先生のセミナー「進化する腰痛リハビリ」 ★満員につき締め切りました。 | main | ダンス雑誌の読者から大きな反響 >>

猿のお尻になってしまっていいのか?!

稲葉晃子さん(米国NATA公認アスレチックトレーナー、コアヌードル考案者、ロサンゼルス在住)は「人が猿化している」と言います。どこでそれを感じたかというと、先月来日時に、生まれてはじめてスーパー銭湯というところに行ったそうなんです。そこで、たくさんのお尻(といってももちろん女性のだけですが)を間近に見て確信したとか。

人と猿とではお尻がずいぶん違うんですね。普通は、人間の方がお尻が立派なんです。


(資料:稲葉晃子氏による)

ところが、スーパー銭湯で見た日本人女性のお尻は貧弱だったというわけです。いっしょにいる子供はプルンプルンとちゃんとしたお尻をしているので、鍛え方が足りないのだろうと。

猿と違って人間は大臀筋が発達しています。猿の歩行を見るとわかるように、2本足のみで歩いていることは少ないですね。それに対して人間は大殿筋が発達しているはずなのですが、稲葉さんがスーパー銭湯で見た光景は人間の猿化現象だったわけです。

腰痛患者の多くは大殿筋をうまく筋収縮できないと稲葉さんは言います。このことからも、腰痛だからといって腰に何かをするばかりではだめだということがわかりますね。

腰痛リハビリの世界も進歩しています。一度稲葉さんの講習をのぞいてみたらいかがでしょうか?対象は腰痛や腰痛リハビリに関係する仕事の方や勉強中の方が中心ですが、関心がある方ならどなたでも参加できます。

講習会「進化する腰痛リハビリ」 2009年5月24日 東京・東陽町 (詳しくは次の項目をご覧ください)




| - | 14:45 | comments(1) | trackbacks(0)|corefit.jpホームへ|コアフィットを今すぐはじめたい方はコチラ!
コメント
ホッテントットとか見ると、野蛮人のほうが尻がでかくて奥行きがあるイメージがあるのですが、サルのほうが尻は薄いんですね
意外でした
| | 2010/10/10 10:35 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://news.corefit.jp/trackback/1127538
トラックバック